前回の診察結果

昨日の夕方、窓の外から鳥の鳴き声が聞こえてきました。


ツバメじゃないのはわかったのですが…

c0167798_6414789.jpg

とりあえず、あわてて撮影。


何かわかりますか?







画面で拡大して…

c0167798_6424256.jpg

初めてメジロとわかりました。

いい歌いっぷりでしょー。


このあたりでメジロはよく見かけるのですが
電線でさえずっているメジロを見たのは初めてです。

しかも家の前の電線だし、うれしかったです。



さて、今週水曜日は診察でした。

時短勤務で復職してから一ヶ月、体調も安定してるので
思い切って先生に聞いてみました。


「フルタイムで働けるんじゃないかと思い始めてるんですが
 いかがですか?」


すると、先生は…


「フルタイム、いけると思いますよ。」


と即答。


あまりの即答ぶりに、一瞬あっけにとられてしまいました。


「しんどくなったら、年休とるとかして、うまく調整しながらね。
 うん、大丈夫だと思いますよ。」


と念を押してくれました。


私の体調はもちろん、診察中の話しぶりや、しぐさ、話している内容
最近の物の考え方など、すべて加味した上での判断だと思います。


早速、人事に報告に行きました。

すると、今の5時間勤務から、いきなり8時間のフルタイムにするのではなく
もう一段階はさんで、6時間か、7時間の勤務で様子を見たらどうかな?と提案してくれました。

そんなシステムがあるとは知らず、いつからフルタイム勤務を開始しようかと
相談するつもりで行ったのですが、これはありがたい提案でした。

結局、妻とも相談して、10時から17時までの7時間勤務に決めました。


直属の上司からも…


今は本当に無理することはないから。
また前の状態に戻ってしまうことが、一番避けないといけないことだから。


とありがたい言葉をかけてもらいました。


みなさんの気遣い、温かさには
本当に感謝しています。


お言葉に甘えて、引き続き、じっくり、ゆっくり行かせていただきます。


おかげさまで、また一歩、前進です。

ありがとうございます。
[PR]
by chunchun-monstera | 2010-05-22 07:08 | うつ病 Dipression ぜひ読んで


<< 雨漏り、なう ユニクロのシルキードライ >>