モンステラを乾燥させてみました

思い出のいっぱい詰まったモンステラの葉を
何とか長く残したいと思い、乾燥させることに挑戦してみました。
いわゆるプリザーブドフラワーのモンステラ版です。

いろいろと調べた結果、千葉県にある日販という会社が
花を乾燥させる液体を販売していると判明。
さっそく問い合わせをしてみました。

私     「モンステラの葉を一枚、プリザーブドしたいんですけど…」
日販さん 「可能ですよ。それならば、うちのスーパー1液(いちえき)くんの
       青竹色がオススメです。」
私     「どのくらい浸しておけばいいですか?」
日販さん 「葉の大きさはどのくらいですか?」
私     「たて30センチ、よこ20センチくらいです」
日販さん 「結構大きいですね。
       その大きさなら、最低3週間から1ヶ月です。
       浸す期間は長ければ長いほどいいですよ。」
私     「わかりました。
       ところで、この商品は1リットル以上入っていると思うんですけど
       もう少し小さいサイズのものは販売していないんですか?」
日販さん 「モンステラの葉を浸すのには実は結構、液の量が必要なんですよ。
       このサイズでちょうどくらいだと思いますよ。」
私     「そうですか…。では注文します。」
日販さん 「浸す方法は適当な容器があればいいですが、一番手軽なのは
       ビニール袋に入れて液が漏れないようにしっかり口を止めて
       二重、三重にしておくのがいいですよ。」

アドバイス通り、実際にやってみると、液の量もちょうどでした。
ビニール袋に入れてから、ちょうどいい大きさの箱に入れ
7月31日から浸し始めました。
そして、ちょうど1ヶ月経った8月31日に、ドキドキしながら開封しました。

液体から取り出した直後の状態がこれです。
c0167798_22124951.jpg
あれ、あれ、あれれ、ちょっと黒くなりすぎてるんちゃう?(T_T)
もっと普通に緑色になると思っていた私はちょっとショックを受けました。

日販さんにも問い合わせましたが、
葉をプリザーブドした場合、色が濃い目につくそうです。
さらにモンステラの葉はもともと色が濃く、さらに厚みがあるので
濃い目の色に仕上がるそうです。
液体の乾燥が進めば、多少、色は薄くなるのでは?という回答をいただき
妻にも「プリザーブド自体は成功なんだから、いいじゃない」と励まされ
今日、プリザーブドしたモンステラの葉を飾る額を購入しました。

そして完成したのがこちら
c0167798_22251980.jpg
なかなか、ええやん!
濃すぎると思った色のこともすっかり忘れ、大満足です041.gif

思い出の葉を素敵な形で残すことができ、本当にうれしい!003.gif
どこに飾るかは妻と相談して決めたいと思います。
[PR]
by chunchun-monstera | 2008-09-02 22:38 | Monstera


<< うれしい 別れのあいさつ 蝶のような花 >>