人気ブログランキング |

産業カウンセラー養成講座を修了

今日…

c0167798_22221693.jpg

4月から通っていた産業カウンセラー養成講座を
無事、修了しました。




4月から7か月間、ほぼ毎週日曜日に
一回当たり6時間の講義を受けてきました。

途中、一度だけ欠席したので、参加したのは21週。
全部で126時間の講義を受け
さらに小論文など11の課題を提出し
この修了証を手にすることができました。


そもそも、この講座を受けようと思ったきっかけは
昨年、うつ病を治療してもらった精神科医との
こんなやり取りでした。


病気が快方に向かっていた頃
私は先生にこう尋ねました。

「私のうつ病の経験を生かして、この病気で苦しんでいる人を
 少しでも救ってあげたいと思っています。
 自分の経験談に加えて、専門的な知識も身につければ
 より一層、ちゃんとしたサポートができると思うんです。
 そこで、先生、ちょっと調べてみたのですが
 臨床心理士の資格を取るには大学院を出ないといけないんですね。」

すると、先生が…

「そうですね。
 ただ、以前、私の患者さんで同じようなことをおっしゃった方がいましたが
 その方は、産業カウンセラーの資格を取りましたよ。」

先生とのこの会話で
私は産業カウンセラーという存在を
初めて知ったのです。


その後、私は8月に復職。
それからわずか5か月後の今年1月に
この講座を申し込みました。

病気が病気ですから、一年くらい、じっくりと時間をかけて
仕事のペースをつかんだ後、勉強を始めるという選択肢もありました。

ただ、うつ病を経験して以来
堅実にいこうとしたからって、明日どうなるかなんてわからない…
思い立ったが吉日…
そんな思いを本当に強く持つようになったんです。

なので
絶対に無理せず、しんどくなったらやめよう…
これだけ決めて挑戦しました。


講座は全体の4分の3に当たる90時間くらいが実習。
すなわち、実際に模擬カウンセリングを行い
そのスキルを磨きます。

この実習が
めっちゃ体力を使いました…。

毎回、終わった後はヘロヘロで
とにかくチョコレートやなんかで
糖分を補給せずにはいられないくらい…。

あ~、しんどい…。
あ~、しんどい…。
あ~、しんどい…。

そんな感じでした。


でも、なんやろ…


自分でも不思議だったんですが
毎回、毎回、ヘロヘロになりながらも
なんか、楽しかったんです…。


自分はこの世界に興味があるんや…。

そんなことにも気づきました。


同じクラスの仲間は
自分より17歳下の女性から
自分より17歳上の男性まで
実にバラエティに富んだ人たちでした。

同じ勉強をしてるというだけで
何の利害関係もない仲間で作る集団は
気を遣いすぎることもなく
ベタベタしすぎることもなく
とても心地良いものでした。

こんな集団に身を置いたのは初めてですが
本当に貴重な体験ができました。

素直に「仲間」と呼べる人との出会いに
本当に感謝しています。


そして、もちろん
普段から共働きで、二人がそろって休める日曜日に
一日中、家を空けることを許してくれた妻にも
感謝の気持ちでいっぱいです。


今日でひと区切りついて…
c0167798_047337.jpg


c0167798_0471758.jpg

講座の日の朝、テンションを上げるために食べていた
ソーセージエッグマフィンセットとも、しばらくお別れです。

って、マクドぐらいで何を大げさな…。
そんなに好きなら、また食べたらええだけですよね。


来年1月には
産業カウンセラーの資格試験が控えていて
まだまだ勉強は続きます。

でも、今日ぐらいは
達成感に浸りたい…。
by chunchun-monstera | 2009-10-25 23:59 | うつ病 Dipression ぜひ読んで


<< ガトーラスク グーテ・デ・ロワ... 満開ブルーデージーと咲きかけアザレア >>