出産記録

今日も無事に、妻と息子を送ってきました。

朝、着替えの時に少し吐き気が出たけど
気にせず(←これが大事かと)行動し続けました。
プラゴミを出したり、ひげを剃ったり、
そんなことでやり過ごし、家を出発。戻ってきた今はもう普通です。

さて、昨日、ふと…
c0167798_8573066.jpg

テーブルの上に一冊のノートがあるのに
気づきました。

これ、妻のノートです。

妻が、自分が出産するにあたって
病院のこと、準備する物、新生児のこと、名付けのこと、産後のことなど
いろいろ調べたことを書き留めたものです。


そのノートをペラペラとめくってみると
私が特に思い入れが強いページが出てきました。






それは…
c0167798_941766.jpg

陣痛記録のページ。

ここだけは私が記入したんです。


その日の朝から…
c0167798_962873.jpg

マメに陣痛が来た時間を記録。


さらに途中からは、記録方法が進化し…
c0167798_985416.jpg

陣痛マークを使用するようになってます。


その陣痛マークの説明を…
c0167798_9101187.jpg

わざわざ欄外に書いてあるし…。
自分の几帳面すぎる部分を再認識。^^


そして最後のページ…
c0167798_9221774.jpg

「6:13」という文字で私の記入は終了しています。
きっとこの後、分娩室に移動したんだと思います。


私が書いたのは全部で12ページ。

眺めていたら、一晩中大変だったのに
なんかほのぼのした気持ちになりました。


そして、自分の性格についても、ふと思いました。

几帳面すぎて自分がしんどくなることも多い。

けど、その几帳面さゆえに、こうして素敵な思い出が残せたんだと。


ほのぼのした気持ちに加えて
自分をちゃんと認めてあげる、いい機会になりました。
[PR]
by chunchun-monstera | 2010-03-12 09:32 | ユーティーネタ


<< ツイッター × こころが晴れる... ハクモクレンと桜 >>