親父のメンツ

昨日、昼間に用事があり、出かけていたのですが
その帰りに、ちらほらとゆかた姿の女性を見かけました。

妻の「花火か何か、あるのかしら?」というつぶやきに
「せや!今日、神戸で花火大会があるんや」と思い出しました。

この会話で私も急に花火が観たくなり
帰宅後、ネットで調べてみると1万発も上がる大きな花火大会です。
私のテンションはさらに上がり、ユーティーに「花火観に行くか?」と提案。
すると、「行くー!」とすぐに乗ってきました。


みなとこうべ海上花火大会は、海の上から打ち上げる花火です。

会場の最寄り駅は三宮。

でも私はちがう場所から観ようと考えました。

海の近くではなく、山の上から観る作戦です。
(布引ハーブ園がめっちゃきれいな花火の写真を載せて、PRしてたのを見てたので。)


まず、家から近い甲山の展望台を考えました。
でも、大阪方面は開けてますが、神戸方面は確か山がかかったはずなので断念。

次に、芦屋ロックガーデンなら見えるんちゃうか?と変に確信じみて
そこを目指すことにしました。
私自身、芦屋ロックガーデンに登ったことはないのですが、ユーティーより小さい友達の子供でも
登ったと聞いていたので、大丈夫だと思ったんです。

カメラに三脚、水筒、食料、ビニールシート、ペンライト2つなどを
リュックサックに詰め込んで、あわてて出発しました。
なにせこの時点で午後6時すぎ。花火開始まであと1時間半を切ってましたから。


ロックガーデンの最寄り駅は阪急・芦屋川駅。
阪急電車で向かう途中、私はユーティーに
「左のこっちが海側で、右のこっちが山側。
 花火は海で上がんねんけど、海のほうに行くとめっちゃ混んでるやろ。
 だから、パパたちは悠々と山の上から観る作戦や。」と説明しました。


芦屋川駅に着いた頃には、6時半をとうに過ぎていました。
花火が始まる時間7時半には間に合わないかもしれないけど
ユーティーと二人、元気に登り始めました。


高座(こうざ)の滝までは、アスファルトで舗装された道路です。
特に問題もなく、どんどん登って行きました。

しかし高座の滝をすぎると、岩場の道が始まりました。
私もここからはまったく初めての道です。
7時をすぎ、だんだん足元も見づらくなってきました。

それでも、山の上から見下ろす花火を楽しみに、前へ前へと進みました。

20分くらい進むと、山と山の間から夜景が見えました。

まだまだ先にも進めますが、ユーティーも周りの暗さにビビり始めたのか
「もう、このへんで、ええんちゃう?」と。

ちょうどその頃、妻からLINEが入りました。
「もうすぐだね。見えそう?」

時計を見ると7時29分。あと1分で花火が始まります。
その場で花火のスタートを待ちました。



そして、iPhoneの時計が7時30分に。


夜景の中に浮かぶ花火。

夜景の中から聞こえてくる、ドドドーンという音。












が、見えへんし、聞こえへんやーーーーーーーーん!!!(涙)




どうやら見えていた夜景は大阪湾の方向。
神戸方面は山で隠れています。

もしかしたら風吹岩まで上がれば、見えるのかもしれません。

でも、すでに周りは暗く、これ以上進むのはマジで危険だと思い、
引き返すことを決めました。



花火を楽しみにしていたユーティーは…


なんで、はなび、みえへんのぉー。


とべそをかき、
親父のメンツを木っ端みじんにする、
こんなひと言を発しました…




やまじゃなくて
うみのほうがよかったやん!




まったくもっての正論…。鋭すぎる指摘…。(笑)


もちろん私は平謝りでした。


さて、そこからの帰り道、岩場は本当に危なかったし
高座の滝からの道もうっそうとしていて、怖がるユーティーを励ますのに必死でした。

でも、そんな中、
ユーティーは小さい蛇をまたいだり(ヒモだと思ったら動いて、よく見たら蛇だったらしい)、
アスファルトにカブトムシのメスを見つけたり(捕まえるのはやめてあげて)、
2つの「生まれて初めて」を経験し、ちょっとテンション上がってました。
(自然の蛇を見たのは初めて。近所で自然のカブトムシを見たのも初めて。)


メンツ丸つぶれの私は
「今日は花火じゃなくて、パパとの肝試しやったなぁ」なんて
言い訳をしながら帰宅。

疲れ切った私とユーティーに、妻はサイダーを出してくれました。

すると、ユーティーは…


パパ、かんぱいしよ!


と。



「え?何に乾杯?」






きもだめし
せいこうにかんぱい!




いやー、このひと言はホンマにうれしかったぁ。なんか、救われた。


メンツなんか、どうでもええねん。
逆に花火が見られなかったことで、記憶に残る出来事になったんちゃうかなぁ。



ユーティーとは7日の宝塚花火大会を観に行こうと約束。

今度こそ記憶に残る花火を見せてあげたいと思います。
[PR]
by chunchun-monstera | 2013-08-04 12:44 | ユーティーネタ


<< アサガオ日記【DAY 80】 ... ツバメ日記 2日間でこんなに成長 >>